管理画面用ナビゲーション

お客様の声


小学校2年生の日本語補習から帰国後入試合格まで幅広い指導実績


帰国後受験コース

A.Aさん(中学3年生/アメリカ ボストン在住)

私は中学の途中からボストンで暮らしていましたが、やはり日本の学校に通いたいと思うようになり、受験勉強を始めました。

自由な校風の学校に行きたいと思っていて、調べてみると私の行きたいと思う学校はどこも偏差値が高く、「このままで大丈夫かな…」と思っていました。そんな中、東大ダイレクトに出会いました。ちょうど受験勉強を始めた6月ごろです。

はじめは「本当にインターネットで、しかも国を越えて授業ができるのかな」と心配でしたが、始めてみれば設定も簡単で、スムーズに授業ができました。時差の関係で朝に授業があったのは大変でしたが、普段朝に弱いので逆に授業のために早起きできてよかったです。

私は日本では中高一貫校に通っていたため、カリキュラムが独特で、まだ習っていない単元が残っていました。

東大ダイレクトの先生は、わからないところは時間をかけて、理解の早いところはどんどん先へ、というふうに、私にあった授業をしてくれたので、とても感謝しています。「1対1の数学」という問題集をやった時は、本当に難しくて絶対に一人ではできなかったのですが、先生が付き添いで見てくれたのでなんとかやり切ることができました。この問題集で難しい問題への苦手意識をなくせたことが、早稲田本庄合格にとても役立ちました。

本番では、数学が会心の出来で、本当に合格の決め手になったと思います。

 

A.Iさん(高校1年生/ポーランド在住)

 

現地と日本ではカリキュラムに違いがあり、それぞれに良さがあるものの、学習カリキュラムに穴があるので、帰国後に日本の高校に編入し、授業についていけるかが心配でした。

そこで、日本語で日本のカリキュラムに沿った勉強も体験したくて、東大ダイレクトに入会しました。

東大ダイレクトは時差や、現地の日本人部会など海外生活ならではの特殊な事情を理解して、授業の日時調整などで協力的に対応してくださったので、授業の受講をスムーズに行うことが出来ました。

チューターの先生が用意してくれたオリジナルの演習や宿題の内容が、現地校のものと比べると、表現や問いかけが難しく、最初は抵抗がありましたが、おかげで現地校の試験問題が簡単に思え、試験に余裕を持って臨むことが出来るようになったことが良かったです。

帰国して日本の高校に編入した後も、授業についていくことが出来たので、東大ダイレクトを受講していなかったら、もしかしたら授業に置いてけぼりだったかもしれないです。

 

 

 

学力アップコース

S.Yさん中学1年生/兵庫県姫路在住

東大ラクロス部でマネージャーをされている先生に指導してもらったのですが、自分が部活で悩んでいることも相談できて、とてもありがたかったです。勉強だけではなく、日々の出来事を相談できるので、とても信頼できました。

東大ダイレクトは、先生と時間を決めさえすればすぐに授業を始められるところが便利です。部活の予定が入ってしまった時によく振替授業をしてもらうのですが、自分の家ですぐに振替授業が受けられるのはものすごく良いと思います。

塾のように決まったテキストにそって授業が進むわけではなく、まず最初に「どの段階でつまづいてしまっているのか」というところを先生と一緒につきとめるところに時間を使いました。でもそのおかげで、基礎をしっかり理解することができ、テストでは応用問題も解くことができて成績アップできました。

 

 

 

日本語補習コース

金田 望さん(小学2年生/スイス在住)【お母様より】

小学二年生になる息子は、幼稚園からスイスの現地校に通っていますが、なかなか普段の会話で日本を使うことがなく、日本語に苦手意識をもっていました。普段は私が読み聞かせをおこなっているのですが、どうしても甘えが出てしまい、あまりしっかり取り組んでくれず、限界を感じていました。

東大ダイレクトの授業ではいつもより難しいレベルの日本語文章を扱っているにもかかわらず、驚くほど熱心に取り組んでいます。授業を通して、日本語への意欲がわいてきたのか、自分から進んで本を読むようにもなりました。親として嬉しいかぎりです。

 

 

 

世界の東大ダイレクトネットワーク

※東大ダイレクトの指導実績のある地域を示しています。

※個人情報保護のため、都市名で登録してあります。

ページのトップへ → お申し込みの流れ   → 会社概要   → 塾長挨拶   → 各国対応時間   → 特定商取引法   → プライバシーポリシー