管理画面用ナビゲーション

「何かを得れば、必ず何かを失っている」


人生を心豊かに生きるために知っておくとよいことが幾つかあります。

「何かを得れば、必ず何かを失っている」

私にとって、これは、その一つです。

言い換えれば、

「何かを手に入れるには、何かを手放さなければならない」

ということです。

先日、NHKの番組で俳優の高倉健さんが特集されていました。

彼は、これまで、たとえ肉親の葬儀であっても仕事を休むことは一度もなかったそうです。

勿論、大俳優の彼が肉親の死を周囲に告げれば、周囲は彼を葬儀に行かせようと気遣うことは明らかですから、彼は誰にもそれを明かさなかったそうです。

じっと、一人で肉親との死別を抱え、映画の撮影に臨んでいたのでした。

「俳優として、プロとして、それ(肉親の葬儀に参列すること)は諦めたことだった」

そうつぶやく高倉健さんの穏かな表情がとても印象的でした。

彼はきっと、「俳優としてプロであること」の裏側にある「手放さなければならないこと」を自覚していたのでしょう。

そこに、私は「俳優 高倉健」の毅然とした鋭い覚悟を感じました。

「何を手にいれるのか?」

「何を手放すのか?」

人生は常にそういったトレードオフとの真剣勝負だと思うのです。

 

ページのトップへ → お申し込みの流れ   → 会社概要   → 塾長挨拶   → 各国対応時間   → 特定商取引法   → プライバシーポリシー