管理画面用ナビゲーション

激励

人間のモチベーションを上げてくれる最も効果的なコミュニケーションの一つ、それが「激励」だと思います。

「君のやっていることは素晴らしいことだから、ぜひ応援するよ!

「いつもがんばっているよね。これからもその調子で!」

なんて上司や同僚から言われると、すっごくやる気になりますよね。

エネルギーも上がりますよね。

でも、一番モチベーションが上がり、心を奮い立たせてくれるのは、やっぱり、お客様からの「激励」ではないでしょうか。

「自分たちのやっていることは、自己満足に終わっているのではないだろうか?果たしてお客様にご評価頂けているのだろうか?」

事業をやる上で、最も重要な問いであります。

でも、いくら自分たちの頭だけで考えても、答えが見つからないのが、この難しいところです。

要するに、お客様に直接聞くしかないのです。

お客様の声に耳を傾けるしかないのです。

そう思っています。

先日、ある大企業の人事部長のところに東大ダイレクトの説明に伺いました。

その企業は世界を相手にビジネスを展開していて、駐在員も沢山抱えています。

私はこの数ヶ月、駐在員を沢山擁する大企業の人事部を幾つも訪ねて回っています。

でも、なかなか私の意図が伝わりにくいのか、色よい返事を聞けず、少し落ち込んでいました。

でも、今回は違いました。

一通り私の説明を聞いたとき、その部長が言ってくれたことは今でも鮮明に覚えています。

「東大ダイレクトは社会的に意義ある事業だと思う。海外子女の教育という市場は極めてニッチだとは思うが、非常によい所に目を付けられたと思います。」

「・・・・・(嬉しさの余り声が出ない自分)」

「弊社としても、駐在員が子女教育の不安から解放され、家庭が円満になり、仕事に打ち込んでもらえるように環境整備するのは、大変重要だと考えています。東大ダイレクト、ぜひ応援させて下さい」

それまでの少しブルーな気持ちを完全に払拭するような部長の言葉、心に沁みました。

最高の「激励」でした。

東大ダイレクトでは、今日も、現役東大生のチューター達が、世界中で頑張っている日本の子供たちに、たくさんの「激励」を届けています。

私の気持ちを一段と引き締めてくれた素敵な「激励」。

大事にします。


ページのトップへ → お申し込みの流れ   → 会社概要   → 塾長挨拶   → 各国対応時間   → 特定商取引法   → プライバシーポリシー